メゾン・de・パーヴ

メゾン・de・パーヴ(Maison de Perv)』とは、変わった性癖、つまり変態たちが集まる賃貸アパートにおいて、ニューハーフ・母子・JK・OL・オタクなど様々なタイプの住人達によるお話。

先日、事故物件とされる唯一の空き部屋204号室にモノ好きな女子大生が入居し計8部屋が満室状態となりました。

メゾン・de・パーヴ外観

※現状ニューハーフものしかありませんが決してそのジャンルに特化しているというわけではなく、単純にそれ以外の制作が追いつかないというのが理由です。

202号室

笠原 いずみ(かさはらいずみ)

近所の風俗店で働く性欲旺盛の24歳のニューハーフ。根は真面目で姉御肌。毎朝のヨガを日課とする。制服好き。ミニスカートを好むが気づかずにポロリしていることが多い。同居人の七瀬遥とはプライベートというものがほぼないような関係。ゆえにオナニーの際はその場でおっ始めてしまう。好きな男以外とはキスはせずセックスの際は受けに徹底するタイプ。家の中で何気なく突然始まる遥とのセックスを表向きは嫌々そうにしているものの実は楽しみにしている。長さよりも太さをこよなく愛す

CV:加川 らん

202号室・同居人

七瀬 遥(ななせはるか)

笠原いずみの部屋に居候をする性欲旺盛の無職の23歳のニューハーフ。いずみを慕う一つ下の後輩。明るく能天気でコスプレ好き。無職ではあるがライブチャットでオナニーをして小銭を稼いでいる。かつてはセフレにするくらい巨漢好きだったが最近は趣味が変わったようで試行錯誤したオナニーに明け暮れている。セックスの際は基本的には受けのスタンスだがいずみとの時だけは攻めに転じる。日頃から露出度の高い服を着用しているため外出の際は盗撮、痴漢は当たり前。満員電車に乗ると高確率で精液をかけられる。太さよりも長さをこよなく愛す。

CV:加川 らん

204号室

須藤 由紀(すどうゆき)

オカルトサークルに所属する快活な19歳の女子大生。204号室が事故物件と知りつつ好奇心からあえて入居を希望するも案の定その洗礼を受けてしまう。交友関係はやはりオカルト好きが多い。心霊スポット巡りが一番の楽しみ。男性経験は過去に交際していたその一人とだけ。異性との交際というものに煩わしさを感じておりあまり興味がない。

※メゾン・de・パーヴには登場していませんが同アパートの住人ということで掲載しています。

CV:加川 らん

© 2022 MAD VERMILLION, All rights reserved.