中性的表現の難しさ

中性的表現といってもニューハーフのような身体的な表現ではなく、ここでは表面的な意味合いです。

アイキャッチの少女画像はmocaの『公園へ行こう』の次回作のヒロイン。

制作に入る前に音声データが欲しいため先にキャラ制作をして台本と共に声優さんに渡したいのですが…

その次回作のヒロインは実はハーフという設定。

まあ日本とどこかの国のハーフなんでしょうが、このハーフの中性感の表現に難航してます。

とくにキッズだとそれが顕著ではないかと…

カバー制作の方を先に進めていてそれに採用した少女は一番左の子。

ただ何度見返しても主観ではありますが、ハーフというよりは欧米系…?

ハーフと言い張ればそうなるのでしょうが、誰もが見て第一印象がハーフと分かるような感じを目指したいのが実情です。

さっさと声優さんに依頼したいのですがこの部分で中断。

別にキャラデザが無くても台本さえあれば声優さんは演じてくれるのでしょうが、やはりイメージがより伝わりやすい方が作業がスムーズではないかと。

テキストだけの伝達では限界がありますからね。

中断してもう一か月以上経ちます。

そろそろ動かないと…と思い安易な発想ではありますが黒髪、黒眉、黒目の一番右の子を用意し一番左の子と足して2で割る。

う~ん…なんだか余計にややこしくなったような…

どうやら妥協が必要なようです。

でないと終わるものがいつまでたっても終わらないままになってしまいそうで…

でわ!

“中性的表現の難しさ” への2件の返信

  1. 4月頃メールにてやりとりさせていただきました藤川あろめです!
    今頃ここの存在を知り、コメントさせていただいてる次第です…

    「moca」もMAD VERMILLIONさんだったんですね!
    S気質な子にはぜひ足コキお願いしたいです(笑)

    メゾ・de・パーヴの新作も楽しみにしております!

    1. ご無沙汰しております!
      相当足コキがお好きなようで(笑)
      mocaの次回作はS気質な子が登場しますが次回作の台本が現状崩せないもので
      足コキの採用はいずれということで。
      メゾ・de・パーヴの次回作の七瀬遥では採用しておきましたのでよろしくお願いいたします。

コメントを残す

© 2022 MAD VERMILLION, All rights reserved.