キャラと音声でようやく一人前

mocaの次回作の進捗に関しては現在半分を越えたところ…といった感じです。

キャラクターに声優さんの声を乗せながらチェックしつつ作業をしているわけですが、声が乗ってようやくそのキャラの人格が形成されると言っても過言ではありません。

どういったキャラなのか?というのはキャラメイクしつつ当然ながら思い描いてます。

そして台本の作成時にも当然「こういったキャラなんです」というのを一応声優さんに伝わるようにしてるつもりです。

が…

実際のところ、映像(無声)のみ…音声のみ…の確認ではやはりイメージとしては漠然としてしまうものです。

映像のみの作品、音声のみの作品であればそれが全てなのですからそれに対してのイメージのみで評価もそれに対してのみ行えばいいだけです。

しかし映像+音声の作品であるのならやはり二つが合わさったものでないとイメージしづらいし評価もしづらい…

なのでキャラの動きと声を合わせてイメージ通りだとこちらとしてもだんだんノッてくるわけですよ(笑)

「よっしゃ、じゃあ次!」

みたいな感じで作業がはかどるというものです。

とくに今作のキャラは結構クセが強い性格なので面白い。

実際に身近にいたらからかってイジりたくなるそんなキャラです。

販売サイトの方には現時点では予告は出していないので(出すか否かは未定)初公開となりますが葉山芽以久保すずめさんの音声を乗せたものです。※音声が出ます。

画質は落としてます

男のセリフは外してあるので意味深なシーンですが(笑)とても個性が出てこのシーンだけでもキャラの性格が伝わるのではないでしょうか?

つまり葉山芽以とはこういうキャラなのです。

『公園に行こう』シリーズにおいて、キャラの声は『自然にあどけなく』を重視してます。

前作の小原美海の担当の声優さん、小茉莉唯香さんなんかはあどけなさの塊でしたがそういった声優さんを探すのがホント難しい…

ネット上を網羅し探しますが条件(あどけなさ以外にもいくつかあります)に合う人がホント少ない…

なので三人目の川瀬麻衣役を探すのが恐ろしい…

(実は一人居たんですけど収録環境がちょっと悪かったのでパスです。音質だけはこちらではどうにも出来ませんので)

というわけで、『公園へ行こう act.2 葉山芽以』はなんとか12月下旬…年内には間に合いそうです。間に合わなかったら腹切ります!

でわ!

抵抗感が…

進捗といいますか…

今現在はmocaの次回作に着手しているわけですが少女作品に対する抵抗感みたいなのがどうにも抜けないようで…

物語が進み本番に近づいていくわけですが徐々に衣服を脱いでなんてしてると「何やってんだ俺は…」みたいなのがあるんです(汗)

セリフや表情に当然あどけなさがあるので会話パートの段階でそんなシーンが入ってくると尚更です。

これが本番真っただ中とかだとだいぶ和らぐのですが(過去の実績より)、そこに辿り着くまでは結構しんどいです。正直…

ただ乗り掛かった船なわけでとりあえず当初から決めていた一応のゴールまでは続けようと思ってます。

とまあ、少女作品に関しては上記の通り…

で、少年…ショタ作品に関してはまったくの逆でむしろウェルカム(笑)

少年どうこうというより少年をどうにかしてる、もしくはどうにかされる大人の女性に興味がね…

ちなみにシリーズ『メゾン・de・パーヴ』の次回作はショタ作品になります(笑)

203号室のお話。

いずみの隣の部屋の母子家庭のお宅でのお話となっております。

現在、台本のストックは結構あります(ニューハーフネタがダントツですが…)

ただ一番困るのは次回は誰を出そう…これに悩むわけです。

やたらむやみに決められないのが辛い…

制作に着手すればそれなりに時間がかかりますしシリーズともなればキャラクターの相関関係などといった問題も出てきますからね。

その辺は結構神経使います。

なので今はmocaの次回作を制作してますが、基本的に今考えてることはmocaの次の次の作品だったり、『メゾン・de・パーヴ』の次の次の作品を考えながら制作してます。

でも楽しいのでね、苦にはなりません。

でわ!

進捗状況です

映像素材自体は一応全て出揃ったので今度はコンポジット業務になります。

映像、エフェクト、モザイク処理、BGM、SEなど全てを合体させるというわけですが…

映像制作(R18作品)において最も面倒で嫌いなのがモザイク処理。

この作業、地味で細かくて確実に発狂する作業です。

今現在はこの作業をしています。

頭が痛い…

性器、結合部、アナルにおいては挿入行為があればその部分にも処理を施します。

ホントにマジで面倒臭い!

私の作品は1秒間に24枚の画像を切り替えて動画として描写するのですが…

極端なことを言うとこの1枚1枚に処理を施すわけです。

役25分の作品だとしたらどうでしょうか…

まあ全ての画像にというのは基本的にあり得ませんがイメージとしてはそんな感じ。

しかしシーンによっては発狂間違いナシです。

個人的には来週いっぱいまでには完成させてリリースしたいと思ってるのですが現状だとどうでしょう…

なんとも言えない感じですが一応ケツが見えたということで安堵しております。

でわ!

進捗状況です

次回作『メゾン・de・パーヴ202 同居人 七瀬遥』ですが、現状半分くらいまで制作の方が到達した感じです。

次回作のテーマは『撮影会』

七瀬遥が逆バニーのコスプレ姿で撮影会に挑むという内容となっております。

詳細の方は本作の予告の時までお待ち下さい。

最近、集中力がやたらと切れやすく制作にもかなり影響しております。

というのも昨年からMLBのロサンゼルスの日本人の二刀流プレーヤーにハマっておりまして、動画投稿サイトで追っかけてるとあっという間に時間が過ぎてしまう…

日本人が海外で活躍するのってなんかよくないですか?

憧れはしません。だって自分には無理だし…

でも同じ日本人として海外で称賛されるのを見るのは大変誇らしいことです!

あと数試合でシーズン終了となりますが最後まで見せる試合をしていただきたいものです。

でわ!

中性的表現の難しさ

中性的表現といってもニューハーフのような身体的な表現ではなく、ここでは表面的な意味合いです。

アイキャッチの少女画像はmocaの『公園へ行こう』の次回作のヒロイン。

制作に入る前に音声データが欲しいため先にキャラ制作をして台本と共に声優さんに渡したいのですが…

その次回作のヒロインは実はハーフという設定。

まあ日本とどこかの国のハーフなんでしょうが、このハーフの中性感の表現に難航してます。

とくにキッズだとそれが顕著ではないかと…

カバー制作の方を先に進めていてそれに採用した少女は一番左の子。

ただ何度見返しても主観ではありますが、ハーフというよりは欧米系…?

ハーフと言い張ればそうなるのでしょうが、誰もが見て第一印象がハーフと分かるような感じを目指したいのが実情です。

さっさと声優さんに依頼したいのですがこの部分で中断。

別にキャラデザが無くても台本さえあれば声優さんは演じてくれるのでしょうが、やはりイメージがより伝わりやすい方が作業がスムーズではないかと。

テキストだけの伝達では限界がありますからね。

中断してもう一か月以上経ちます。

そろそろ動かないと…と思い安易な発想ではありますが黒髪、黒眉、黒目の一番右の子を用意し一番左の子と足して2で割る。

う~ん…なんだか余計にややこしくなったような…

どうやら妥協が必要なようです。

でないと終わるものがいつまでたっても終わらないままになってしまいそうで…

でわ!

予想してた以上に時間が…

キャラメイクの際、まず初めに取り掛かるのがヘアスタイル。

年齢はある程度は想定しておきますが、とにかくまずはどんなヘアスタイルにしようか…

これが決まるといざ作成。

動作させた際の髪の毛のシミュレーションを考慮しつつとにかく地道に作るだけ。

いざ完成し、体や衣服、小物などを用意し全体での動作確認。

問題なければ背景と合わせていよいよアニメーションを付けていくわけですが、ここまでは、まあいつもの流れなのでとくに気にすることもなく、1カット出来上がると今度はレンダリングという一枚一枚奇麗な画像として書き出す作業に回るわけですが…

この遥の髪…

書き出すのにけっこう時間がかかることが判明。

制作段階ではそこまで気にはならなかったのですが、各素材を全て合わせた上で改めて連番で書き出してみると1分の動画を作るのにこれは果たして何日かかるのだろうと…

カットによっては軽く1週間から2週間は想定しておかないと予定が狂ってしまう。

誤算でした(泣)

おまけに今回の遥は衣装が3種ありこれまでの作品の中で最多です。

前回の投稿で発売予定は10月とかほざいておりましたが、あくまで予定なのでね…

でわ!

続行です

前回投稿で次回作で誤算だったとか言ってましたが…

制作を続行することにしました。

なぜならそこでつまづいてしまうと今後の制作方針に支障が出てしまう 😥 

はっきり言って色味の問題って私個人の問題であり、ユーザーさんにとってはどうでもいいこと。

私がこれだって言えばそれなのですから。

まあ、暗すぎとかホワイトが強すぎとかそのくらいは気になるかもしれまんが…

で、内容についてはホントに簡単でゲームをやらない人でもクリックだけで直観的に進められます。

全編ムービー仕様です。

私自身もゲーム制作はこれが人生ではじめてなのでそこまで凝ったものは無理です!

一応ゲームと謳っている以上は選択条件次第でゲームオーバーとかオマケ出現などの要素は多少は入れてあります。

ただ作ってみて思ったのは、オナニー主体のコンテンツは全編垂れ流しムービーより要所要所で操作出来た方がいいのではないだろうか…?ということ。

感じ方は人それぞれですが、個人的には今回の仕様の方がしっくりくるかもです 😛 

誤算でした!

当初、次回作はナビを付けた動画…

つまり簡単なアドベンチャーゲーム?のような感じにしようかと思っていたのですが、そのゲームを作る際のエンジンの仕様のせいか、動画を組み込んで確認してみたところ、なぜか原色と色味が若干違うではありませか(汗)

私自身、プログラムが不得意な為、調整すればなんとかなるのかもしれませんが(どうにもならないかもしれない)まったく手が出せず…

見切り発車で先行して作ったオープニング部分の動画が無駄になってしまいました 😥 

もったいないので後でYOUTUBEにでもアップしてブログに貼り付けてやろうかと思っていたのですが、なんと極小水着着用でもアダルト扱いとか…

直接ブログに貼り付けることにします。

いったん置いておいて

合間を見ながら過去作『ウェブカムオナニー』のの3Dモデルを制作していたのですが、出来たというかメドが立ったのでちょっと次回はこれを挟みたいと思っています。

スマホで鏡に向っての自撮りオナニーというね…

まあ、またオナニーものになってしまいますが(汗)

 

髪色と前髪の調整が若干必要なのと、それと完全なストレートヘアーはやめました!

なぜなら黒髪パッツンストレート娘が別途欲しくなったので 😛 

 

次回最終話の『Silent Chill -Destiny-(仮)』も新キャラを登場させるので、それと並走させながら制作していこうと思います。

 

黒ギャルJKはどこいったんだって話…

 

© 2022 MAD VERMILLION, All rights reserved.