MAD VERMILLION

logo_moca

シリーズ『公園へ行こう』3人の少女とガキんちょにはまったく興味のないとある男の物語。

クラスメイトである3人の少女は自分達の年齢的な立場を利用し男に迫り寄る。当然男は拒絶するも半ば脅される形で渋々少女達と肉体的関係を持ってしまう。相手は少女。どんな形であれ少女達とのいかがわしい行為は社会的地位を失うことを意味する。蓄積する男の罪悪感。罪の意識から苦悩する日々を送るがそんなことはお構いなしに男を手玉に取るように自らの欲求を満たそうとする少女達。少女達のあどけなさと予想だにしない快楽が相まって、つい心を許し愛おしく思えてしまうこともあるが我に返ればやはり罪以外のなにものでもない関係に心を悩ます男。果たして少女達による呪縛が解かれる日が男にやってくるのか・・・

小原美海(おはらみう)

人懐っこくおっとりとした性格。時には積極的、時には消極的と3人の中では比較的ニュートラルな存在。計算高く甘え上手。姉がおりその影響からか性に対する知識が無駄にある。ちなみに美海が所持するアダルトグッズは姉のものでありおさがり品。O型。

CAST:小茉莉 唯香

葉山芽依(はやまめい)

わがままで常にマウントを取ろうとする。母子家庭で母親はキャリアウーマン。そのせいか家では1人の時が多く外では強がってみせるが本当は寂しがりや。おだてに弱く意外と単純。ツルペタであることを気にしている。3人の中では断トツのS気質。A型。

CAST:久保 すずめ

瀬川萌絵(せがわもえ)

性格は暗く地味な存在。挙動不審の為周囲からは警戒されがち。勉強漬けの日々を送り成績はかなり優秀。勉強の最中こっそりアダルトサイトを覗く癖がある。1度火が付くと周りが見えなくなり後先考えずに行動に出てしまう。3人の中では断トツのM気質。AB型。

CAST:夕宮 奏風

公園に一人佇む少女。たまたま通りがかった男に挨拶がてら声をかけてくる。少女は一人で遊んでいるとのことだがどう見てもただベンチに座っているようにしか見えない。いったい何をして遊んでるのかと尋ねると手の中のローターのリモコンを男にそっと見せる。公共の場でローターを挿れてそのドキドキを楽しんでいるとのこと。暇なら遊ぼうと声をかけられるも少女の奇行に警戒し断ろうとするが勝手に仕込んだローターの存在をネタに脅され少女に言われるがままドキドキという少女の遊びに付き合うことになる。最初は嫌々だったはずが時間がたつにつれ少女を愛おしく思えてきてついには…

CAST : 小茉莉 唯香

公園のベンチで一人物思いにふける男。小原美海との再会に淡い期待を寄せていたがどうやらこの日は現れそうにない。そこへ一人の少女が突如現れる。彼女の名は葉山芽依。先日、半ば脅される形で白昼堂々、美海と性行為に及んでしまった男だったが、運悪くその一部始終を芽依に盗撮されていた。その証拠となる動画が収まったスマホを男の目の前で晒し男の動揺を誘う芽依。唖然とする男…ついて来いと言わんばかりに動画を餌に男を公衆トイレの裏へと先導する芽依。なんだか嫌な予感が…仕方なく芽依の後についていく男。公衆トイレの裏へ入り芽依が発した第一声は驚くべきものだった。「芽依をイカせて!」予想外のセリフに焦り戸惑う男。どうやら絶頂というものを経験したく、美海と男の性行為を目の当たりにしそれに触発され男に白羽の矢が立ったのだ。困惑する男…もし自身を絶頂させることが出来ればスマホに収められた証拠の動画を削除するとの条件を提示する芽依。そういうことならばと芽依と性行為に及んでしまう。美海に続き更なる罪を重ねることになってしまった男。芽依を絶頂に導き無事に証拠の動画を削除することが出来るのか…

CAST : 久保 すずめ

人気のない夜の公園。仕事からの帰宅途中、通り抜けようと園内に入る男。すると公衆トイレから微かな少女の悲鳴が。不審に思い声のする男子トイレへ向かう男。入口に立つやいなや変質者に下着を脱がされそうになっている少女の姿が視界に入る。躊躇することなく変質者に歩み寄る男。応戦しようと立ち上がり拳を振り上げる変質者に対し、すかさず強烈な一撃を加える。崩れ落ちるも隙をつきその場から逃走を図る変質者。男が急いで変質者の後を追いかけようとしたその時、シャツを後ろから掴み懸命に男を制止する少女。「行かないで…」少女に懇願され仕方なくその場に留まり変質者の愚行に怒りを露わにする男。だがその時、美海や芽依との愚行が男の脳裏をよぎる。思わず立ち眩む男。気を取り直し変質者に何かされたかどうかを少女に確認を取る。すると、『何もされなかったので何かしてくれ…』と思いもよらぬ言葉を口にする少女。変質者に何かされたかったのか?と男が問うと、男が変質者を撃退するその一部始終を目の当たりにしたことで男に惚れしてしまい、惚れた相手にだったら何をされてもいいと返す少女。唖然とする男。当然のことながら少女の要求を断ると、突如バッグから防犯ブザーを取り出し不適な笑みを浮かべながら無言で男に脅しをかける。静まり返った夜に防犯ブザーなど鳴らされたら自分が変質者扱いされると困惑し仕方なく少女の要求を呑む決断をする男。マゾ気質であるかのような少女の要求に半ば呆れながらもしっかりと少女を堪能してしまう。

CAST:夕宮奏風

ふと公園を訪れると、ジャングジムに上り一人戯れる小原美海と再会を果たす男。美海のもとへ歩み寄ると彼女が下着を着用していることに気が付く。さりげなくそのことを尋ねると、男がいればアダルトグッズを使用せずともドキドキ(屋外での自慰行為または性行為)出来るとのこと。美海の発したドキドキという言葉に困惑する男。どうやら美海は初めから男とドキドキするつもりだったらしい。男を誘い始める美海。躊躇する男。そんな男を見かねてか、前回会った時の男の言動を引き合いに出しまくし立てる美海。半ば強引な美海の言い分に対し為す術もなく、葉山芽依に盗撮された前例もあるため辺りを確認し、仕方なくその場で美海との性行為に及んでしまう男。そこへ偶然にも巡回中のパトカーが通りかかる。焦る男。慌てて美海を制止し、どうにかその場を乗り切る二人。自然と行為を中断せざるを得ない状況になってしまう。すると突然、美海の口から男の家に行こうと提案される。さすがに自宅の場所を教えることに抵抗を感じる男。追い打ちをかけるように誘惑し始める美海。男の抵抗もむなしく美海を自宅へと招いてしまう。誰の視線も気にせず心置きなく性行為が可能となった反面、自宅の場所を美海に知られ逃げ場を失ってしまった男。そしてついに自らにとどめを刺す羽目に…

CAST: 小茉莉 唯香

※全10~12話、最終話のみ10分拡大(予定