趣味を探して三千里

少々更新に間が空いてしまいました。

進捗ですが現在70%くらいまで進んだ感じですかね。

映像部分のみに関しては一応終わりが見えてきたかな…?

ただ編集がかなり厄介な感じがします(汗)

6月いっぱいを目安にしていたのですが…まあ無理ですね(笑)

無念でございます (*^∀゚)ъ

さて、私はかねてより長続きする趣味を探してまして、それでずっと気になっていたのが3Dプリンター

この動画制作も趣味ではありますが、これとは別に何かが欲しかったのです。

これまでも色々手は出してみたものの長続きせず…

長続きしない原因は、たいていが途中で飽きてしまうとか。

そもそも飽きっぽい性格なので、趣味を探すこと自体が無謀とも言えますが(笑)

そう考えると動画制作を続けられているというのは、まあ奇跡と言っても過言ではありません。

私は何かを始めようとすると、まず恰好から入るタイプ。

なので飽きてしまえば時間とお金を無駄に浪費しただけという虚しさだけが残ります。

そのことを充分理解し、幾度となく学習してきた結果、3Dプリンターに関しては少々身構えておりました。

が…

とあるきっかけ(問題)がありまして、それを解決するには3Dプリンターがあればなんとかなるのです。

ということで、背中を押されたと勘違いした私は疾風の如く3Dプリンターをポチりました。

モノが届き早速バタバタしつつ、ちょうど同じ時期に部屋の模様替えに伴ったDIYをせざるを得ない状況に陥り、なんだかんだで2週間くらいはまともに動画制作が出来ず…

いざやろうと思っても生活(制作)リズムが完全に崩壊してしまっているため、通常軌道に乗るまで時間がかかってしまいました(泣)

普段、動画制作で3Dを扱っているわけですが、作ったものってあくまでもモニターの中だけの存在です。

ただ、3Dプリンターがあると、モニターの中のものが実際に手に取ることが出来るわけですから、これには感動を覚えます。

で、なぜ3Dプリンターが気になっていたのかというと、昨年かな?当ブログにおいて、もう一つサークルを作りたいみたいな内容の投稿をしたかと思いますが、制作に関しては3Dで行いますが、リアル調ではなくアニメ調のファンタジーに徳化したサークルと考えておりまして…

それに登場させるヒロインキャラのフィギュアが作りたい!という思いがあったのです。

というか、その第3のサークル構想が起爆剤になった感じですね。

3Dプリンター自体は何年も前から気にはなっていました。

モデルデータ自体はあらかじめ用意出来ているのが前提なので、あとはプリントアウトしたフィギュアの表面処理と塗装さえクリア出来れば完成ということになります。

一連の作業で今もっとも興味があるのはエアブラシによる塗装作業。

その辺の道具も一式必要になるでしょう。(ポチる準備はすでにOK)

まあ最も必要なのは、飽きずに続けられるための神頼みなんですけどね(笑)

でわ!

『楽』ではなく『工夫』

進捗ですが、ちょうど半分を越えたあたりかと。

今作は動き(行為以外の動作)がちょっと多いので、そこにかなりの労力を割いております(泣)

不本意というわけではなく、むしろ進んでそういった部分を採用しアニメーションスキルの向上に繋がれば『これ幸い』でございます。

まあ、面倒くさいけどね…

さて、今作のヒロインですが、設定としては陰キャJK

私のイメージとしては、やはり履いてるスカートなどもそれなりに長い感じかなと…(汗)

事実、私の高校時代は共学でしたがやはりそんな感じだったような気がします。(あくまでも私見ですので…)

セリフやテキストで『私は陰キャです!』と伝えるよりも映像作品である以上、観て察していただく方が理想的だと思うのです。

なので、スカートに関して言えば、本来であれば膝下…いや、膝上そこそこくらいが私の理想…だった。

しかし、制作過程において長すぎるスカートというのは少々厄介なのです。

基本的にヒロインが着用する布製品は、私は物理シミュレーションで対応させております。

なぜかというと自然な感じが得られる…これにつきます。

ただ、長すぎるスカートなどは捲り上げる表現が、やって出来ないことはないのですが、どうしても手間と時間がかかってしまいます。

つまり面倒くさいということ(笑)

作品自体に納期があるわけではないのですが、自身が理想とするあらゆる表現に対し、好き勝手にコストを割いてしまうというのは、ちょっと現実的ではないような気がいたしますし、創作物とはいえ、ある程度割り切るというのも大切だと思うのです。

ここで言う『割り切る』というのは「現実を直視しろ!」ということ。

『現実を直視』というのは、「工夫してなんとかせい!」ということ。

確か何かで拝見した記憶があるのですが、ドラゴンボールに出てくる亀ハウス。

海の中にポツンと佇む小さな孤島に建っておりますが、あれは背景を描くのが面倒くさかったというのが鳥山先生の理由だったそうな…

戦闘シーンにおいても、基本的に荒野が主戦場というのも同じような理由からだったみたいです。

習慣連載の商業漫画などは納期が非常にタイトであり、それこそ納期厳守のもと、表現に対しての工夫は必要不可欠でしょう。

面倒くさいから『楽』をする…というのではなく『工夫』をする。

言い方を変えれば、『工夫』した結果『楽』になったとも言えます。

『楽』と『工夫』は紙一重、そんな気がいたします。

理想現実というものは、例えて言うならみたいなものであり、創作物に限らずあらゆる物にあてはまる、思い通りにならない大変厳しく、せつない部分ではないかと…

極力、理想に近づける努力はしてはみるものの、やはり100%一致とはいかいないというのがこれまた現実なのでしょう。

でわ!

ノウハウの蓄積

進捗は…分かりません(笑)

作業は淡々とこなしておりますが、まだ先が全然見えないので何とも言えない状況でございます!

今作の厄介なところは、演出上3種類のカメラを使い分けるということ。

前回の投稿で内容をお話ししましたが、第三者による主観作品となっております。

つまり第三者自身の視点、第三者によるスマホ撮影視点、それと通常のカメラによる視点の3種類となります。

ちなみにアイキャッチは通常のカメラによる視点です。

きっと心の中で何かを思いながら手コキしているところだと思います(笑)

普段の作品で、とある男が登場する回の場合、とある男視点、通常のカメラによる視点の2種類のみ。

ただ今作に限っては、第三者視点からの途中スマホを構えるという演出が度々あり、その際の切り替えが非常に厄介となっております。

かつ、スマホを使った演出の場合、分かりやすくするためスマホを縦に構えて撮影という仕様なのです。

そもそも、動画自体が横長(HD)なわけで、そんな中でスマホを横に構えて撮影しても、縦横比が変わらない為メリハリがなく、演出的に不都合が生じてしまいます。

スマホを構えたり外したり、しかも第三者による主観なので、自身の目の前のスマホに映し出されている他の2人もスマホの画面内に描写したりと、なぜ手間の増える演出にしてしまったのか…ちょっと後悔しております(泣)

で、今回のヒロインのキャラメイク…

普段は結構ディテールを詰めた状態、もしくは仕上がってる状態で、声優さんに音声を収録してもらうのですが、今回に関しては物凄く漠然とした状態で音声データを先にいただきました。

キャラのイメージが事前にあればこそ、そのキャラのイメージにあった声優さんに依頼するわけですから、これといって不都合が生じるということはほぼ皆無です。

ただ今回は、JKで陰キャで黒髪ポニーテール…せいぜいそのくらいのイメージしか手元になかったのです。(ポニーテールだと他のキャラとかぶるので結局は却下)

なぜでしょうか…なんか焦っていたのかな?

自分でも分かりませんが、つまり私の中にはJKで陰キャ、この二つの要素と音声データしかない中でのキャラメイクとなったわけです。

しかも好き勝手にキャラメイクしていいというわけではなく、すでに手元にはキャラの音声があるということにも注意しなくてはいけません。

あまりにも声とかけ離れたキャラではなんかちょっと…ってなりますよね(汗)

そこで今回とった手段は、キャラのセリフをひたすらループさせて聴くということ。

ひたすら聴きながら、目はこんな感じ、口はこんな感じ、鼻、輪郭、体型…と詰めていき、数パターンコラージュしたキャラを目の前に置いて見定めるわけです。

そうして生まれたのがこのキャラです。

作業途中で何度か洗脳されそうになりましたが、こんな作り方もあるのかと…

新たなノウハウをゲットいたしました(笑)

ちなみに、キャラに喋らせての確認は済んでおります!

余談ですが、今アニメの『ゴルゴ13』にハマっておりまして…全然興味なかったのですが、すでに3週くらい観ちゃってます(笑)

ゴルゴ…

なぜ角刈りなんでしょうか…

私も角刈りにしたいと思います。

でわ!

全てはきっかけから…

今作は虐めという名の性暴力…がテーマとなっています。

虐める側の先輩、そして虐めの対象となる女子生徒(美咲)と男子生徒(雄太)の三人で話は展開していきます。

先輩視点の主観作品(第三者視点)となっており、いつものとある男のような当事者としてでの参加ではなく、美咲雄太に対して強要しそれを傍観したり撮影したりして楽しむクズ野郎の先輩という設定です。

ざっくりと内容を紹介…

『メゾン・de・パーヴ』に下宿をしながら吹奏楽の名門校に通う美咲。

担当はトランペットで休みの日もクラブ活動に励んでいた。

学校では同部の先輩に日常的に虐め…という名の性暴力を受けて(強要)いた。

性暴力と言っても先輩から直接的にどうこうされるというわけではなく、美咲を辱めてはそれをスマホで撮影したり、クラブ活動後に美咲と同学年で同部の雄太に対し、手コキやフェラを強要し、挙句の果てに挿入までもを強要するようになっていった。

抵抗することなく言われるがまま従う…というよりも美咲にとっては淡々と作業をこなすといった感じのものでしかなかった。

そんなある日、夜の公園で美咲と雄太が現状について語り合う。

我慢の限界に来ていたのか、そこで雄太がこのまま先輩の言いなりではいけないと、現状を打開するための提案をする。

『目には目を…』ということで、自分達がされていたことと同じことをしてやろうということだった。

つまり先輩の恥辱的な一面をこっそりスマホで撮影するということ。

ただそれには美咲の演技が必要不可欠だったのだ。

そして別の日のクラブ活動後、いつもの場所にていつも通り撮影が行われていた。

が、若干いつもと違う二人の様子に違和感を抱く先輩。

いつもなら無感情で淡々と事を進める美咲だがこの日は違った。

先輩を意識し煽るかのごとく激しく喘ぐ美咲。

しかしこれは美咲による演技だった。

そんなことなど知るわけもなく、いつもと違う美咲を目の当たりにし思わず股間を抑えてしまう先輩。

たまらず美咲に自分との行為を強要し出す。

先輩の異変に気付き、ここぞとばかりに美咲に合図を送る雄太。

雄太の合図を機に先輩にペニスをシゴいて待つよう伝える美咲。

躊躇なく自身のペニスを露出させシゴき出す先輩。

その様子をこっそりと雄太がスマホで隠し撮りし始める。

しばらくして雄太が絶頂を迎えると、ゆっくりと雄太から離れる美咲。

すかさず美咲に詰め寄る先輩だったが、これを強い口調で拒絶する。

約束が違うと美咲に激高する先輩。

いたたまれず美咲を壁に押し付け背後から無理矢理行為に及ぼうとする先輩だが、なぜかこれに手こずっている。

ペニスを挿入する位置が分からなかったのだ。

その様子を目の当たりにした美咲は先輩に対し実は童貞ではないのかと不適な笑みを浮かべながら問い詰める。

これを全力で否定するも、焦りと、思うようにならない現状からかつい拳を振り上げる先輩。

しかし顔はマズいと判断し、美咲の腹部を殴打する。

呻きながらうずくまる美咲。

すぐさま止めに入る雄太と先輩とで揉み合いとなるも、まもなくして平然と体を起こす美咲。

そんな美咲に対して何ともないのかと先輩が尋ねるが、何ともないと言葉を返し、さらには殴りたければもっと殴れと挑発し始める始末。

これに激高した先輩は何度も美咲の腹部を殴打する。

その様子を一部始終スマホで撮影する雄太。

何度も腹部を殴打されその都度呻き、多少の反応は見せるも平然とした態度の美咲に対し次第に恐怖心を抱き、まもなくして急いでその場を後にする先輩。

その後、二人の供述と証拠の動画により虐めという名の性暴力は終わりを迎えた。

これまでの恥辱的、そして慮辱的な先輩の仕打ちに耐えられたのは、実は自身にその性癖があったからでは?と気付き始める美咲。

このことがきっかけとなり特殊性癖に目覚めてしまう美咲であった。

という感じで、今作は美咲のプロローグ回となっております。

キャラの方向性としては基本的にはM路線。

恥辱、慮辱の類で興奮してしまうタイプのキャラですね。

現在は制作の方が難航しており、そのせいかブログ更新がちょっと面倒くさくなっております(笑)

でわ!

【悲報】作品が販売停止に!

悲報でございます。

この度『メゾン・de・パーヴ 203 木村聡美・翔平 vol1』が運営都合により販売停止となりました。

しかもまさかのDLsite

なお、FANZAにおきましては今のところ平常運転でございます。

個人的にはDLsiteは結構寛容な感じがしていたので正直驚いております。

以下が運営からのメールの一部引用です。

“DLsiteでは、写実的な作品のお取り扱いをお断りをさせて頂いておりましたが、3D作品に対してはその特性から、これまで独自の基準にてお取り扱いをさせて頂いておりました。
しかしながら昨今の情勢を鑑み、3D作品に於きましても、一部作品のお取り扱いを停止せざるを得ず、写実性や対象の年齢から総合的に判断し、販売を終了とさせて頂きました。”

とのこと。

DLsiteと言えば最近では外資のカード決済問題がありましたが、今回の件はどうやらそれとは関係なさそう…

個人的には、昨今のキッズAI画像絡みではないかと思っております。

要はそのとばっちり…?

「対象の年齢から…」 ← 恐らくこれでしょう。

写実性云々で言った場合は3D作品はほぼアウトなわけで…

同じキッズ作品でも『moca』に関しては今のところ大丈夫。

見た目的に『moca』のキャラの方が年上感はあると思うので…だからセーフなのか?

シリーズ作品でこういった措置をされるとその部分に穴が開くので困ったものです。

しかも翔平絡みの作品はあと最低でも三本はやりたかったので…う~む…どうしましょう(汗)

一応、年内に『vol2』を予定していたので完全に予定が狂いました。

現状、FANZAでは平常運転なのでそちらで専売作品としてリリースするか悩みどころです。

しれっと申請したら通ったりしないかな…(笑)

DLsiteFANZAのようなプラットフォームを利用していると運営のさじ加減でどうにでもなってしまうといったところがデメリットです。

YOUTUBEなんかいい例でしょう。

私、LINEスタンプも作っていたのですが、そちらでも同様に手間暇かけて作って申請してもNGみたいなことが普通にありました。

で、大抵具体的なNG理由は教えてくれません。

必殺の『公序良俗に反する…』といった伝家の宝刀を抜いてくるわけです。

しかしながら、そういったプラットフォーム利用している以上、文句が言えない…

まあ、言ってもいいけど完全スルー。

歯がゆいですが仕方ないんですよね~(泣)

個人サイト上で売ることが出来ればいいのですが厄介なのが決済手段。

普通の商品だったら手段はあるのですがR18扱いになるとその辺がかなり難しいわけで…

なのでプラットフォームを利用した方が色々と楽なんですよ。これが我々クリエイターらにとっての最大のメリットでしょう。

とりあえず今後は翔平の直接介入は無理っぽいので、シンママ聡美としての展開になっていくのかな~…

方法ならいくらでもあると思うので要は演出次第ってことですね。

というわけで、今後の状況がどうなっていくかは分かりませんが、現状こういった具合という報告でした。

でわ!

かぶりは禁物

次回作(今作?)のキャラメイクに難航しておりスケジュールが大幅に狂ってしまっております(泣)

さて、次回作(今作)ですが『メゾン・de・パーヴ』になります。

2階の角部屋、201号室の堀川美咲。JKです。

これで2階の部屋が全て埋まりました(笑)

あとは1階の3部屋が埋まればひとまず安堵ということで、これを目標に頑張ります!

Jkは必須と思っていたので、その特性と投入タイミングに悩んでおりました。

もともと体育会系の陽キャJK or 物静かな陰キャJK、この2種類のキャラ設定が用意してあったのですが、キャラの特性を生かした演出の幅と言いますか、広がりと言いますか、その後の展開を考えた場合イジって面白そうなのは陰キャJKかなと…

ただ初回に関しては、制作の手間がやけにかかってしまう作品(仕様)のため、脚本の変更も視野に入れ物凄く悩んでおりましたが、キャラの特性上なかなか現状の脚本(設定)以外が思い当たらず意を決してそのまま制作することにいたしました。

『メゾン・de・パーヴ』を制作する上で拘りと言いますか、個人的にはアパートの住人同士でのキャラかぶりはNGというのがあります。

性格やヘアスタイル、服装といったところでしょうか。

当初は陰キャJKということで、とりあえず眼鏡着用、前髪ぱっつん、髪を一本(二本)に縛っておけばOK的な安易な発想でいたのですが、考えてみると眼鏡キャラはすでに2人おります。髪に関してもなんだかんだと言いながら4人も縛ってるキャラがいます。(うち2人は自由)

なのでさすがにこれ以上は無理があるかなと思い、とくにヘアスタイルに関してはかなり悩みました。

ショートはちょっと無いかなと…

となるとロング系しか残されておりません。

ここでさらに悩むのです。

3Dにおいて、髪が長くなればなるほどその制御が面倒くさくなります。

まとめてあれば(縛ってあれば)まだ多少はマシになるのですが、サラサラで下ろしてある場合はもうね…嫌ですね ( ;´Д`)

演出上、ただ突っ立って喋るとか歩くとか、その程度なら問題ないのですが私が扱う作品の性質上、仰向けうつ伏せは必須です。

もうそうなると破綻する場面が頻繁に出てくるわけです。

これを回避するためダマしダマし制作するのですが、これが本当に厄介…

ただ、残されたヘアスタイルってこれくらいしかのこってないので、まあ仕方ないということで、極力長くせずいかに負担を減らせるかということで決定したのがアイキャッチの彼女でございます。

髪色に関しても本当は黒髪の方が陰キャ感があって良かったのかもしれませんが…これに関してはまだちょっと悩んでおります。

まだ本制作には入ってないので、もしかしたら直前で黒髪にするかもしれません。

今作は彼女の他に同級性の男が2人登場して、かつシーンも学校などといった面倒くさい設定にしてしまったため、これからもうちょっと素材作成に時間がとられそうな感じですが、ただ演出上どうしてもそれらが必要なので腹をくくります(泣)

次の投稿で内容の方をざっくりと紹介したいと思います。

でわ!

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

とまあ、定型の挨拶はさておき…

我が国におては最悪の年初めとなってしまいました。

まさか元日に巨大地震とは…ホント最悪でございます。

確かにここ最近、石川県においては目立った地震が頻発していた気がします。

個人的には、「何かあるのかな?」などと勘ぐってみたりしておりましたが、やはり前兆だったということでしょうか。

日本に居る以上、どこへ行こうがどこへ住もうが地震のリスクは付きもの

いかに被害を最小限にとどめるかというのが課題です。

ただね…

これは人によるかもしれませんが、自分が当事者でないとなかなか腰が重いといいますか、やはりどこか他人事なんですよ。

初めは「ウチも備えなきゃ!」みたいな感じが次第にトーンダウン…

結局のところ当事者になって実感してからでないと分からないという、そんな愚かで恥ずかしい人間はきっと私だけではないはず…

この度の震災により被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、過去の作品に関して当然のことながら現在の作品とのクオリティの差が一目瞭然。

アイキャッチの画像は『メゾン・de・パーヴ 笠原いずみ』の初代と今。

今とはいえ、vol.2のいずみに比べて、輪郭をシャープに、そして小鼻へと高〇クリニックで整形してきました。

その他、可動域に関しても新キャラを出す度に見直しているのでそれも同様に調整し直しです。

ただ実際ところ、モデルデータ自体はあまり変わっていません

じゃあ、何がここまでの差を生み出したのかというと設備投資です。

PCのスペックの違い(技術面も皆無ではない…)。

PCが非力だと、単純に計算処理に時間がかかります。

計算処理に時間がかかるとなると、計算処理に時間がかかるようなシーンはまず敬遠。

キャラクターの動作、とくに行為に関してはループを多用。

アニメーションも日本のアニメのようなリミテッドアニメーションを採用。

ボイスに関しては喘ぎの素材のみと、とにかく負担になるものは全て除外する方向で当時は作っていた気がします。

こちらとしては、とにかく早く市場に出し、良し悪しの結果を知りたい…性格です(笑)

ただ、そのような負担になるものを除外したとしても、やはり所々操作がもたついたりと不満が多かったです。

そこである時、一念発起でPCを新調。分業制を導入。

当然のことながら動作は快適。そうなると多少負担となるシーンでも躊躇なく挑めるというものです。(躊躇なくは嘘です…)

そして現在に至ります。

ただ、現在においてもやはり負担となるシーンは敬遠しがち…というか、事前に構成そのものを脚本の段階でいじるようにしているわけです。

負担せずいかにして見せれるかという具合に。

ただ作品作りをこなすのではなく、作品を作るごとに学習し精進ないと意味がないわけで…

まあ、作品作りに限ったことではなく、これはあらゆる分野に共通することではないでしょうか。

で、前々から思っていること…リメイクです。

例えば『メゾン・de・パーヴ 笠原いずみ vol.1 リメイク』みたいな感じで出した方がいいのかどうかということ。

映像クオリティ、音声、収録時間など、現在の作品に比べて当然足りてないわけで、シリーズとして統一を図るためにもリメイクとして出し直した方が良いのかどうかと悩んでいるというわけです。

それに国外需要があるというのも理由。

とくにトランスジェンダーネタは日本よりも海外の方が先進と私は理解しています。

以前から何度か、

「言葉が分からないから字幕版を出してくれ!」

という海外の方からメールが来るので、一応前向きではいるですが、いまだに出してない(汗)

「コイツ出す気ねーな…」

きっとそう思われているに違いない (;゚Д゚)

「過去は振り返るな…前だけを見ろ!」

それならそれで、まあ…いいかなとは思うのですが、仮に字幕版をvol.1から出すのであれば、リメイクと謳わず、リメイクをしれっとvol.1に差し替えて出してあげた方が親切かなと思ったりもするのですが…

新年早々、長々と綴ってしまいましたが、テストがてら作った動画をアップしておきます。

でわ!

メゾン・de・パーヴ 101 二宮航 vol.1 【ニューハーフに骨抜きにされた男が先行きを案じリハビリ相手に選んだ女が男の娘だった。というお話…】発売!

20日…やっぱ間に合いませんでした!

基本的に動画部分の作成が一番ハードなので編集作業っていつもナメてかかるんですよね(笑)

まあ、モザイク処理だけは相変わらず手を焼きますが、それ以外の部分は「余裕でしょ!」と高を括る。

で、案の定返り討ちに合うといった感じです(泣)

というわけで、なんとか年内リリースに漕ぎ着けました!

メゾン・de・パーヴ 101 二宮航 vol.1 【ニューハーフに骨抜きにされた男が先行きを案じリハビリ相手に選んだ女が男の娘だった。というお話…】

今回、男の娘というキャラを初めて投入してみたわけですが…

当初は男の娘というものに対して懐疑的ではありました。

で、制作し終えてからの率直な感想ですが、

悪くない(笑)

男と女という二面性のあるキャラなのでネタに困らないというのが最大のメリットでしょうか。

制作途中で何本かネタが生まれましたが考えてるのがちょっと楽しかった(笑)

今作では容姿自体の二面性というのは、手間と尺の理由から採用しておりませんが、その代わり声で差別化を図っております。

声優さんも女性、男性両方できる方なので、男女の入れ替わり時でも違和感がなく良かったです。

恐らく、男声を男の声優さんに頼んでいたら違和感アリアリだったかもしれません。

まあ、前々から男の声優さんには頼みたいと思っていたところがあるので、いつか別の作品で実現出来たらと思っております。

少し心残りなのが、制作途中で脚本を修正しまくっていたせいで、少々強引にねじ込んだ感がある…気がする(汗)

そもそも、予定にないシーンを流れを補正するために無理矢理作ってしまったのが原因です(汗)

なので、時間のロスにも繋がり…まあ、すべて自己責任。それ以外の何物でもない…

一応、毎度一人反省会をするので、そういった反省点が今後に活かされれば良いかなと思ってる次第です。

あと、本編の背景に一部不具合があったので、とりあえずリリース優先でその部分は後日アップデートしておきます。(時間がかかるため)

というわけで、

メゾン・de・パーヴ 101 二宮航 vol.1 【ニューハーフに骨抜きにされた男が先行きを案じリハビリ相手に選んだ女が男の娘だった。というお話…】

よろしければぜひ!

でわ!

予測出来ない怖さ

今作最後の進捗報告となります。

一応リリース予定は20日…

以降…

20日を目安にやっていたのですが、現状どうも微妙な感じ…

まあ、前倒しすることは恐らくありえないと思うので、20日…来週末までにはとしておけば大丈夫かなと(汗)

考えてみると今年最後の今作。

ほんと1年てあっという間でございます。

早い…早すぎる…

昨年に比べて今年のリリースは1作品少ないので、それがちょっと残念ではあります。

ただ、尺が同じ作品でも内容次第で制作ボリュームが変動するというのは分かりきっているので、実際のところ脚本の段階で調整は可能なんですよね。

極端な話、昨年と同じ本数をリリースしたいのであれば、昨年と同じようなシナリオ、シーン構成にすればいいだけのことですから(笑)

まあ、可能は可能なのでしょうが、それじゃあまりにもね…つまらない。

作品作りで『つまらない』は致命的です。

話は変わりますが、私の過去作でゲーム作品『ラストブライカー』というものがあるのですが、そのヒロインが使用するメインの武器が拳銃なんですけど、それ以来、銃を扱った作品をいつか作ってみたいという思いがあって、前々から銃の効果音を探していました。

実際、フリー効果音なるものがあるにはあるのですが…ショボい(汗)

で、海外の効果音サイトとかも探し回っていたりしてやっぱそこは海外!

本格的で格好いいのがあるじゃないですかぁ(笑)

もちろん有料素材で、それは問題ないのですが微妙なのが用途の範囲。

日本でいうところの「公序良俗に反する…はダメよ」です。

一応、使用目的はR18作品。

問い合わせしても返答がない…

こんな感じで、思い出しては探してを繰り返していたらなんと先日、日本の音響屋さんで銃の音素材を扱っていたではありませんかぁ!

かなりのクオリティで速攻で問い合わせたらR18でも使用OKとのこと。

もちろん即ゲットです!

ちょっと来年はどこかのタイミングで、銃を扱った作品を出したいなと思ってる次第ですが…

ネタはあるんですよ。ネタは。

ただね…

銃を使うってことは少なからず日常じゃないわけで、おまけにアクション要素必須です。

シーンが複雑化する可能性が大→つまり制作ボリュームがまったく見えない→ということは制作に費やす時間が予測出来ない→ ( ;´Д`)

多少なりとも予測出来ればいいんですけど新規のジャンルってほんとそれが無理なんですよね(汗)

念願だった効果音を手に入れた以上、早速使いたいというのは山々なのですが…正直ビビッております!

まあ、そんなわけで『メゾン・de・パーヴ 101 二宮航 vol.1』のリリースまで今しばらくお待ちください。

ちなみに、男の娘ということでタイトルのキャラ名は男名(わたる)でいかせていただきます。ニューハーフ作品との差別化という意味もあります。

でわ!

証を残すべし!

進捗ですが、映像素材だけで言えば現状は80%くらいと言ったところでしょうか。

その後、音入れ等の編集があるので、まあ…20日くらいが目安になりそうな気がいたします。

さて、竿ありキャラの扱い…ニューハーフ男の娘になりますが、制作していて撮影アングルに困る時が結構あります。

個人的に、いかにも撮影してます的な演出(ブレや移動)って好きじゃない…

なので私の場合は基本的に定点撮影が主となります。

とくに主観演出がある場合は視線(主観)と混同しないよう、差別化を図る意味でも定点が基本です。

で、主に行為時なのですが、カメラアングルで「どうしようか…(汗)」という問題に直面することが結構あるのです。

どんな体位であれ、女性キャラならどのアングルだろうと、とくに気にすることはありませんが、これがニューハーフ等の竿ありキャラだと勝手が違う…

例えば、女性キャラ前提の作品であれば、どんなアングルでも行為を行っていれば「ああ…ヤってんな」と、まあ違和感なく普通に視聴出来ると思います。

しかし、これが竿ありキャラ前提の作品の場合、仮にニューハーフとしますと、普通に行為をしていて、胸があり普通に見た目は女性なので竿が映らない限り女性と混同視してしまうのではなかろうかと…

このキャラはニューハーフですよと言っておきながら、行為中一度も竿が映らないアングルで撮影を続けたらどうでしょうか。

観ていてなんか微妙な感じになるのでは?と私は思うのです。

「普通に女性やん…」

みたいな感じ。

ニューハーフ作品だということを前提で観てるはずが肝心のニューハーフが不在…みたいな。

なんか騙された感が沸々と湧いてくるようなそんな残念な結果になってしまうのではないでしょうか。

私だったらきっとそう思う…かな?

ですが、制作側からすれば『この流れでこのアングルはインパクト絶大!』という感じ。竿が映ろうが映るまいが関係ない!としたいところ。

しかしそこは竿が映ってないから一旦踏み止まる。踏み止まり、そしてあえなく断念…

なんとも歯がゆい…

作品としてのバランスを優先すべきか、キャラの特性を尊重すべきか…

私にとってこれは結構切実な問題なのです。

ただ、最終的にはやはり視聴者における『視聴目的』はなんなのか?に立ち返ってしまう。

ニューハーフが観たいが為にわざわざ購入されているにも関わらず、その要素が欠落してしまっては「おいっ!」となるのではなかろうかと。

やむを得ない部分に関しては、まあ仕方ないにせよ、ただムリヤリ感満載だと映像的に違和感が出てしまうのでそういった部分は上手いこと調整して対応しますが。

ちなみに『メゾン・de・パーヴ 笠原いずみ vol.2』で後背位を真横から狙ったシーンがあるのですが、普通に映しただけだと女性と男性という構図。

ただあの時は真横からが欲しかったというのもあり、せめてもの対応策としてあえていずみの竿を大きく振らせチラ見せという対応をとった記憶があります(笑)

ニューハーフ、または男の娘である証は最大限画面に残さねば…

男の娘に関しては胸が無い分、ニューハーフよりはまだマシな気がしますが、それでもそれ以外は基本的に女性キャラなのでやはり気は使います。

女性より扱いがデリケートでないとダメだということなのでしょう(笑)

でわ!

© 2024 MAD VERMILLION, All rights reserved.