mocaの次回作は…

mocaの次回作は…と言ってもこちらのシリーズ『公園へ行こう』は完全に時系列でのお話なので第2話と言った方が適切なのかもしれません。

何個か前のmocaに関する投稿で中性的な表現がどうのとかで悩んでるみたいなことを書いておりましたが、結局その後も悩み続け埒が明かないのでハーフというキャラ設定はやめました。悩むだけ損だし時間の無駄です(笑)

なので色素が薄い日本人少女(髪が茶色だったり黒目が茶色だったり…)という設定にしました。

アイキャッチの画像はちょうど逆光になってるので暗めで分かりづらいかも…

年内最後の制作着手。

早いもので今年も2ヵ月きってるんですね…

コロナのせいでなかなか不自由な生活をここ数年送っておりますがホント腹が立つ!

人生における貴重な時間というものも同時に蝕まれてるようなそんな気もしますが…人によるのかな?

個人的には結構神経質になってる感じです。

外出なんかもめっきり減り引きこもりがちになりましたがその分作品制作にウェイトを置いてるので、まあ無駄な時間の使い方はしてない方だとは思います。

時間は有限ですから…

でわ!

メゾン・de・パーヴ 202 同居人七瀬遥 vol.1【撮影会の高額ギャラに負い目を感じたニューハーフがオマケでエッチさせてくれた。というお話…】発売!

制作中の私的なミスで二度手間の作業を強いられることなったりと無駄な時間をさいてしまいましたがようやくリリースに至りました。

今作の七瀬遥は実は当サークルの古参キャラなんですよね。(もちろんニューハーフとして)

七瀬遥は2017年の登場。

笠原いずみは2019年の登場。

リリース順で言えば笠原いずみの先輩にあたるわけですがキャラ設定においては七瀬遥いずみの後輩という後付け設定丸出しでございますが、後付け設定というのは物語においては欠かせない救済処置でございます!

『メゾン・de・パーヴ』前作の笠原いずみの時から感じていたことですがあの安っぽいタイトル…

同シリーズなので今回も同じ仕様となってますが早々になんとかせんといけません(汗)

本編に関わらない所はやっつけみたいな感じになってしまっているのが実情です…

で、これからの予定ですが…

シリーズ『メゾン・de・パーヴ』はメゾン・de・パーヴというアパートの住人達の物語。

今現在登場しているのは202号室(いずみ&遥)と204号室(須藤由紀/パラノーマルリビドー)のみなんですね。

他の101、102、103、104、201、203号室がガラ空き状態でぜんぜん進んでない(実際は居住している)

なのでその辺を優先的に埋めていけたらと考えております。

でわ!

次回作が決定しました!

次回作が決定しましたのでご報告!

次回作は『メゾン・de・パーヴ202 笠原いずみ vol.2』の設定を引き継いだ『メゾン・de・パーヴ202 同居人 七瀬遥 vol.1』となります。

ニューハーフです…(汗)

ニューハーフネタって考えていて楽しいんですよね…

ホラーやオカルトが大好物な当方ですがそれと同じくらいギャグ路線も好き。

ニューハーフものはギャグ思考でネタを仕込めるので脚本なんかはついつい没頭してしまいます。(代償として目が痛くなる…)

今作は、笠原いずみというニューハーフと接触しすっかりニューハーフに魅入られてしまった男の話となります。

もう一度いずみに会いたいと切に願う男。

しかしその願いは叶うことなく過ぎ去る日々。

ある日突然いずみと同じくらい衝撃を受けるニューハーフ、七瀬遥をチャットにて発見する。

遥がいずみの同居人であるということを当然知るはずもない男。

遥との直接対面を切望しある提案をする。

気さくな遥は男の提案に応じ二人は直接会うこととなる。

とまあ、冒頭はこんな感じです。

遥に関しては『パラノーマルリビドー・事故物件』で登場した彼女をリビルドし、カラコン着用、まつ毛を少々盛ったギャル路線。

いずみとは体系、性格ともに対極のキャラとなります。

ちなみに七瀬遥の作品は過去に2作品ありますが、リアル系3D動画作品としては初なので『メゾン・de・パーヴ202 同居人 七瀬遥 vol.1』とさせていただきます。

発売時期は10月中にはなんとか…といった感じです。

今後、進捗的なものが出せれば出していきたいと思っています。

でわ!

『さつき』~汚れなき彼女との猟奇的強制妊活~ 発売!

本日、『さつき』~汚れなき彼女との猟奇的強制妊活~が 発売となりました。

8月上旬発売予定でしたがちょっとオーバーしてしまいました。

今作はホラーというよりはサスペンスです。

タイトルにあるようにヒロインには猟奇的な一面があります。

ただ、結果的にそうなってしまったというだけで、ヒステリックとか常に心の中に闇があるとかそういうキャラではありません。

猟奇的とありますがこの猟奇的表現をどこまでしていいものか、こういうのが一番悩みます。

過去作、『パラノーマルリビドー』でもそうだったのですが、R18作品を購入される方って基本的にエロ目的で購入される方がほとんどだと思っていて、作中に例えばゴア表現とか出ちゃったりするとどうなのかと…ましてや二次ではなくリアルで…

エロ上級者であればいらぬ心配だと思うのですがあくまでも上級者は少数派です。

R18ではなくR15にしてゴア表現に注力する…

つまりほぼ一般作品として発表するということです。

しかし作る以上損は極力したくないというのが本音。

普通の映像作品…

思いっきり損しそうですよね(汗)

なので今作も一応オブラートには包んだつもりです。

前作同様、今作もほぼ主観作品となっております。

個人的に主観の方が作りやすいんですよね。それに作っていて楽しい。何よりも声優さんの演技が引き立ちます。

まあ、面倒くさい部分は多々ありますがそれでも楽しい。

全作品主観というわけにはいきませんが、ヒロインの相手が名のある固有のキャラでなければ今後も基本的に主観でいこうと考えております。

それでは、『さつき』~汚れなき彼女との猟奇的強制妊活~

どうぞよろしくお願いいたします!

でわ!

8月上旬発売予定です!

販売サイトの方での予告は現状しておりませんが、次回作『さつき』は8月上旬にはなんとか発表出来そうです。

今まで全ての作品というわけではございませんが、一応作品発表前には事前に予告という形で販売サイトにて行っておりましたが、あの予告というのに果たして意味があるのかどうかと最近懐疑的になっております(笑)

まあ、今回はタイミングが合わなかったということで予告出来ておりませんが別にしなくてもいいかな~みたいな感じではいます。

ただ完成までまだ数日かかりそうなので進捗との兼ね合い次第で予告するか否か…

いずれにせよ発売開始時にはサイトにて改めてご報告させていただきます。

でわ!

事後報告となりますが新規にサークルを立ち上げました!

これは公表すべきか否かずっと迷っていたのですが遅ればせながらご報告。

記念すべき第1作目の発表が6月4日でしたのでそれに伴い新サークルを立ち上げました。

サークル名『moca』となります。

当初は密かに運営していこうと思っていたのですが、一切の情報発信なしというのもどうかと思い悩みに悩んだ挙句今回の報告に至りました。

なぜ新規にサークルを立ち上げたのか?

実は『moca』はロリに特化したサークルなのです。

MAD VERMILLIONがすでにごった煮状態なのでこれ以上取り扱いジャンルを増やすと収集がつかなくなると単純に思ったのが理由となります。

なぜ密かに運営しようとしたのか?

正直、ロリというジャンルは苦手で基本的に興味はございません。なによりも後ろめたさを感じるからです。3Dだと余計にそう感じます。分かるか人には分かるかも…

ちなみにJKはロリ扱いではありません。まあその辺は個々の判断基準というものがあると思うので…

当方のロリの定義はJS以下。扱うのであれば設定的に高学年。それが限界でそれより下は無理です。JCは…なんか中途半端で微妙。

とまあ、かなり戸惑いつつ苦手意識を克服することで今後の作品作りの糧となれば幸いと思い試しに一本制作してみたというわけです。

制作にあたって…

制作するにあたり当初は正直しんどかったというのが本音です。動きをどう付けていいのか分からないのです。

ただ幸いにもアサインした声優さんの声質のおかげでかなり救われた感は否めません。(当初はこの声優さんが成人済みかどうかマジで疑っておりましたが…)

というのも、私はセリフに合わせてキャラにモーションを付けるという手法をとっているので当然声を聴きながらの作業になります。

これが不思議と声とキャラがマッチしており、そのおかげでインスピレーションが沸いたと言いますか無事に作業を進めることが出来ました。

ただロリというジャンルに不慣れなため用意した台本がお粗末だったことが心残りではありますが…

ただ良い勉強になったのは確かだと思います。

そんなわけで、新規にサークルを立ち上げたという報告でした。

でわ!

次回作が決定しました!

少々寄り道をしておりました。

いつもながら更新が滞っておりましたが次回作が決定したのでご報告。

次回作は新規作品としてJKが主役の作品となっております。

社会人の彼氏と 汚れを知らぬ清純な彼女(JK)との交際記録?

今作はちゃんとした男と女、人間と人間になっております(笑)

ただ内容の方はどうなのかというと…ノーマルとは言い難い(笑)

本来なら『パラノーマルリビドー・EPISODE2(口裂け女)予定』を持ってくるつもりでしたが、このシリーズはカット数が多くなってしまうため制作に時間がかかるんですよね。

予定としては8月上旬、お盆前後くらいに一本出したいと思っていたので、そう考えた場合『 パラノーマルリビドー 』では無理。

勿論『メゾン・デ・パーヴ』も無理。

では何がいいのかと…

考えた結果、新規に作ればいいのでは?となり今作(次回作)と相なったわけです。

ただ通常作品よりも短めに構成して短編作品となっております。

もう少し詳しいお話は次回更新時ということで、以上ご報告とさせていただきます。

でわ!

メゾン・de・パーヴ 202 笠原いずみ vol.2【ニューハーフなので裏オプ本番中出しの際はケツマ〇コですがよろしいでしょうか?というお話…】発売!

いずみが勤務するラッキーホールの店長(魔苦巣=マックス)の知り合いのオナクラ店からヘルプの要請があり、いずみに白羽の矢が立つ。

ニューハーフであることがもしバレたらと懸念するも手コキのみでいいとの条件で渋々了承するいずみ。

不安を抱きつつもなんとかニューハーフであることを誤魔化しながら接客に注力するがそんな矢先…

接客中のいずみの行動を不振に思い客から疑いを掛けられ問い詰められるいずみ。

なんとか現状を打開しようと策を講じるもそれが裏目に出てニューハーフだということがバレてしまう。

いずみ唖然…

客も唖然…

しかし予想外にも客はニューハーフであるいずみをすんなりと受け入れる。

全てがオープンとなったことで安堵したいずみのリミッターは解除され、裏オプの本番行為にまで及んでしまう。

※今作品は基本的に主観となっております。

メゾン・de・パーヴ『202 笠原いずみ vol.2』予告開始いたしました。

ニューハーフのとのアナルセックス

メゾン・de・パーヴ『202 笠原いずみ vol.2』の予告を先行して申請いたしました。近日中には公開されるかと思われます。

結局のところ作品が出来上がって予告をしても予告の意味がありません(汗)

なので制作途中でも予告を開始することといたしました。

ただ一番困るのは発売日…

組織運営であれば制作期間は予算との都合である程度決められておりますが、当方はそれとは違うのでなんとも言えませんが、現状発売日は未定とさせていただいております。

一応滞りなく制作が進めば3月下旬発売が目標ではありますがこれまたなんとも…

発売までしばらくお待ち下さい。

追記:

これまで仮だった予告動画を4月7日に正式版へとアップデートいたしました。販売サイトにてご確認ください。

次回作が決定いたしました!

メゾン・de・パーヴ202【笠原いずみ_vol.2】sample

次回作は『メゾン・de・パーヴ202 笠原いずみ vol.2』となります。

ニューハーフものですね。

こちらはすでに制作に入っておりまして、現時点で4割程度出来上がっております。

ほぼほぼ予告も出せる状態ではありますが、予告動画の方が冒頭のさわり程度の構成なのでもう少し詰め込んだ方がよろしいのかなと・・・

ま、出してから後ほど予告動画のみ更新という形でもいいんでしょうが・・・ちょっと考えます。

内容の方は風俗となります。前回の勤務先の黒人店長にヘルプとしてオナクラに派遣されたという設定です。

それと今作は主に主観作品となっております。構図的に主観が無理な部分に関してはその都度カメラアングルを調整しておりますが・・・でもほぼ主観となっております。

ということでもうしばらくお待ち下さい。

© 2022 MAD VERMILLION, All rights reserved.